葬儀に参列する際、香典の書き方・マナーに悩む方が多いのではないでしょうか。香典の表書き・中袋の書き方はどうしたら良いのか。香典袋や水引はどのタイプのものを用意すればよいのか、香典に包む金額の相場はいくらぐらいなのか等、葬儀に参列する際のマナーを紹介していきます。

香典について

葬儀に参列する際に一番悩むのが香典ではないでしょうか。いくら包めば失礼にならないのか、表書きはどのように書いたら良いか等、いろいろなマナーがありますので間違えのないようにしたいものです。

通夜と葬儀の両方に出る場合は、葬儀の時に香典を持参するのがマナーです。香典袋には、いろいろな種類があります。仏式の場合は、黒白の結び切りの水引がついたものを用意しましょう。

結び切りには、二度と繰り返されないという意味があり、結婚式にはこの赤白を持って行く事は常識とされています。この時、表書きには「御香料」とします。

神式の場合は、黒黒の結び切りで「御神前」、共通のものとして使って良いのは、黒白の結び切りで表書きは「御霊前」と入れるようにします。

キリスト教式であれば、結び切りはつけずに「御花料」といれるようにします。現在は、印刷されたものも売られています。金額が低いならば、印刷されたものに入れるなど、金額相応の香典袋を用意するようにしましょう。

また、氏名を入れるペンは、薄墨の毛筆で書くようにします。連名の場合は、目上・年齢の順に右側から書きます。文房具売り場に行けば、薄墨の毛筆ペンが売られていますから、一本常備しておくと良いですね。

包む金額は、5,000円が平均とされています。親族であれば、10,000円はいれるようにしましょう。身内に至っては、10万円とも言われますが、親族で相談して決めてはいかがでしょう。

また、以前に頂いたことがあるのならば、同等の金額を包むようにしても良いでしょう。葬儀に参列できない時は、香典を郵送してもマナー違反にはなりません。現金書留で、喪主宛に送りますが、お悔やみの手紙も同封するようにしましょう。

関連ニュース

▲このページのトップへ