金額の相場/香典の書き方・マナー事典

香典は故人を弔う気持ちが大切で金額はその次ですが、近年の金額の相場は次のようになっています。

スポンサードリンク

会社の部下の葬式に出す香典の場合は五千円から一万円が相場です。出す側の年齢や役職によっても変わりますが、50歳代以上、または部長級以上の場合は一万円程度包んだ方がよいでしょう。連名で出す場合には少し多い金額を出すとよいでしょう。

次に会社の同僚の場合は三千円から一万円程度です。それほど面識のない同僚なら五千円でよいでしょう。また連名で出す場合には決められた金額でよいでしょう。

会社の上司の場合は五千円から一万円程度です。特別にお世話になった上司には一万円包むとよいでしょう。祖父母の葬式に出す香典の場合は一万円から三万円が相場ですが、出す側の年齢が高ければ三万円から五万円が適当でしょう。

両親の葬式に出す香典の金額の相場は五万円から十万円です。子として最低でも五万円以上は包み両親を送りたいものです。兄弟の場合には三万円から五万円程度です。十万円でも構いませんが、他人ではなく身内であるので三万円以上包んだ方がよいでしょう。

親戚の葬式に出す香典の場合は一万円から三万円が一般的です。親戚を大切にする日本社会においては、生前それほどお付き合いのなかった親戚の場合でも一万円以上は包んだ方がよいでしょう。

友人の場合は五千円から一万円程度ですが、年齢や関係、親密度によって金額を決めるもので相場はないようなものです。とくに親しい友人である場合には三万円以上出しても構いません。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

お札の入れ方/香典の書き方・マナー事典
香典袋へお金を入れるときにはまず中袋と外袋を分け、中袋を広げます。その際に水引を......
ふくさの包み方/香典の書き方・マナー事典
お香典は、「ふくさ」という小さな風呂敷に包んで、お通夜または告別式に持参するのが......
葬儀の連絡/香典の書き方・マナー事典
葬儀の詳細が決まったら連絡を行います。近所の人への連絡は自治会長などを通して行い......
密葬・家族葬の場合/香典の書き方・マナー事典
近年、密葬あるいは家族葬と呼ばれるものが急激に増えています。家族葬とは、故人の家......
葬儀後のマナー/香典の書き方・マナー事典
葬儀を終えたら、お世話になった近隣の方や町内の方、世話役などに、喪主が直接出向き......
法事・法要の香典/香典の書き方・マナー事典
仏教では人が亡くなると魂は身体を出て霊となると考えられています。死後四十九日間は......
香典返し/香典の書き方・マナー事典
本来、香典はお返しするものではありませんが、仏式では49日(七七日忌)の忌明け後......
香典の当日返し/香典の書き方・マナー事典
従来香典返しは忌明け後に、香典を頂いた方にお礼としてお渡ししていたものです。しか......
キリスト教と香典/香典の書き方・マナー事典
キリスト教式の葬儀では前夜式と葬式が行われます。前夜祭では仏式や神式と同様に受付......
神式と香典/香典の書き方・マナー事典
神式では葬儀のことを、神葬祭・神道葬祭・神葬とよぶこともあります。......

関連ニュース

▲このページのトップへ